保護のためにiphoneケースは必要

それでも付けない派!?iphoneケースはどうして必要なのか

iphoneを使っている人の間でよく議論になるのが、iphoneケースを付けるか付けないかという点です。付けない派の間は根強く「美観を損なうこと」を主張しますが、果たして付けない方が良いのでしょうか。

iphoneにケースを付ける最大の理由

そもそもiphoneケースを何故付けるのか、その最大の理由は『iphoneを保護するため』です。
近年、iphoneは年を追うごとに高機能化していっています。防水機能を獲得するなど堅牢性も向上している一方、価格も高額化してきているのが現状です。片手に十万円前後する精密機械を持ち歩き、不注意で落として壊してしまったとしたら、これほど悔やまれることはありません。身につけることができる宝飾品ならいざ知らず、高価なガラス細工をそのまま片手に持って持ち歩く人はいないでしょう。iphoneにケースを付けない人は、まさにそうした危険性を進んで冒していることに他なりません。iphoneを貴重で大事な電子機器だと思うのであれば、ケースを付けるという選択は自然な流れだと言えるでしょう。

iphoneに愛着を持つために

iphoneのデザイン性は全スマートフォンの中でも卓抜したものです。特に最新モデルともなれば、発売直後に羨望の視線を集めることは間違いなく、それに伴って愛着心も高まることでしょう。
一方で、自分が気に入ったデザインのiphoneケースを付けることでも、iphoneに対する愛着心を高めることができます。実際にiphoneに愛着があるかどうかを調査したアンケートでは、大差はつかなかったものの、iphoneケースを付けた方がより愛着心を持つという結果が示されています。つまり、iphoneを長く大切にしていこうと考えるのであればケースを付けた方が良く、さらにそのケースのデザイン性が高ければ高いほど、iphoneが綺麗に使用され続ける度合いが高いのです。

デザイン性の高いケースほど使うのが勿体無い?

iphoneを保護するためのケースですが、そのデザイン性が高かったり高価なものであればあるほど使うのが勿体無い気がして、買ったは良いが、結局付けることが無かったという人も少なからずいます。
実際iphoneケースは使えば使うほど劣化してしまいますが、プリントされた絵柄などは簡単に剥がれ落ちるようなものではありません。それでも擦過傷などが気になる場合は、高温で色をケースに浸透させる『昇華転写』により絵柄をプリントされたiphoneケースを利用するようにしましょう。昨今では、自分でデザインした絵柄を昇華転写によりiphoneケースにプリントするサービスも行われており、より愛着が持てる唯一無二のiphoneケースを作ることができるようにもなっています。