iphoneケースの掃除

綺麗にしてる?簡単なiphoneケースの掃除のやり方と注意点

スマートフォンに対する意識調査のアンケート結果などから、iphoneは他の機種よりも飛び抜けて綺麗に使おうという欲求が高いことが見てとれます。iphoneを綺麗に保つに当たってはiphoneケースの掃除も重要になりますが、では実際にどのように掃除すれば良いのでしょうか。

どんなに綺麗に使っても掃除は必要!?

例えどれだけ綺麗に使うことを心がけても、スマートフォンは必ず汚れてしまいます。電話をかける際に頬に触れた部分から雑菌が付き、そのまま繁殖してしまうため、スマートフォンは意外に汚れてしまうということは広く知られています。必要以上に神経質になる必要もありませんが、やはり定期的にiphoneを掃除することは必要です。
その際、iphoneケースも一緒に掃除しておかなければ、汚れが本体に戻ってきてしまいます。iphoneケースはその形状の関係上、本体以上に汚れが付きやすい場合があるので、特に念入りに掃除を行わなければなりません。お気に入りのケースを長く使い続けたいのであれば、こちらに関しても定期的な掃除を心がけましょう。

iphoneケースを掃除する際の注意点

iphoneケースを掃除する場合、本体から外して行うことになりますが、ハードケースの場合は外す時に割れたり本体を傷つけてしまうこともあるので、十分注意しておきましょう。
iphoneケースを本体から外したら、柔らかいタオルやティッシュペーパーを使用して汚れを拭き取ることになりますが、しつこい汚れの場合は水を付けた布などで擦って落とすしかありません。また、実際に水を使って汚れを落とした場合、水分をしっかりと拭き取り、しっかり乾くのを待つようにしましょう。中途半端に水分が残ってしまうとそこから雑婚が増殖して、掃除が元の木阿弥になってしまうことになります。水分が乾いてしまえば雑菌は繁殖することができないので、安心してケースを装着し直すことができます。

iphoneケースはどこが汚れやすいのか?

iphoneケースを掃除する際、どの部分が汚れやすいのかを知っておくことは重要です。
ケースの中で最も汚れやすいのは、その端の部分です。掃除をする際、やはりどうしても柄のある中央部分やiphoneの背面が接するケースの内側に目が行きがちです。しかし、ケースの端は本体をホールドするための折り返しが付いており、この部分にほこりや雑菌などの汚れがたまりやすくなっています。従って、ケースの端から折り返し部分にかけてを重点的に掃除しなければ、iphoneケースを綺麗にしたとは言えません。
素材の種類や使った期間に応じて、ケースの折り返しは欠けやすくなっていることがあります。綺麗にするつもりが破損させてしまっては意味が無いので、重点的に掃除する場所ながらも、細心の注意を払っておくよう心がけましょう。