iphoneケースの種類

使い方がさまざまなiphoneケース

iphoneケースには色や形、素材の違ったさまざまな種類があります。きっと人々は自分の好みや使い方に合ったものを身に付けていることでしょう。それぞれどのような特徴があるのかを説明しましょう。

ハードケース

硬い素材で作られたものをハードケースと言います。このiphoneケースはデザインが豊富でお店でも多く取り扱われているものとなっています。透明感があり、黄ばみにくくなっていることが特徴です。そのためiphoneそのものの素材を活かせて、値段もお手軽になっているので、初めてiphoneケースを購入をする人が選びがちのものとなっています。また、薄くて軽いため、ポケットに入れたりするのに持ち運びやすいサイズです。そのため、iphoneを持った時に感じる厚みや重さはそのままでいて、傷や汚れから守ることができます。ただし、落としてしまうと割れることがあるので要注意です。そうならないためにも液晶用の保護フィルムも併用すると良いでしょう。

ソフトケース

柔らかい素材で作られたものをソフトケースと言います。このiphoneケースはシリコン素材や弾力性のあるプラスチック素材を使われていることが多いです。素材が柔らかいので脱着を簡単にすることが出来ます。また、ケースの厚みと柔らかさが衝撃をよく吸収してくれます。そのため万が一iphoneを落としてしまっても衝撃を和らげてくれ、ダメージを抑えてくれる効果があります。また、変形をさせやすい特徴柄、キャラクターケースや巨大ケースなどと言った立体的な形状をしたものが多く取り扱われています。ただし、ポケットなどに入れておくと埃が付きやすくなっています。そのため、定期的にお手入れをきちんとしなければなりません。

手帳型ケース

カードなどを収納することの出来るポケットのようなものが付いているものを手帳型ケースと言います。このiphoneケースにはICカードなどを入れている人が多く、便利に使うことが出来ます。また、中には鏡が付いているものもあるので外出中に気軽に身だしなみをチェック出来て、女性を中心に人気を集めています。それだけでなく、物によってはスタンドになったりもするので動画を見る時などに役立ちます。このように機能性に優れたiphoneケースとなっています。ただし、その分厚めのケースとなっていて、重量も重く感じることでしょう。そのため、少し小さめのポケットだと収まりきらない可能性があります。鞄に入れて持ち歩くことがおすすめです。